横浜市 個人再生 弁護士 司法書士

横浜市に住んでいる方が借金返済に関する相談をするならコチラ!

お金や借金の悩み

横浜市で債務・借金などお金の悩み相談をする場合、どこがいいのか迷っていませんか?
どうせ相談するのであれば、優秀な弁護士・司法書士が相談にのってくれる法律事務所や法務事務所にしたいですよね。
当サイトでは、インターネットで無料相談出来る、お勧めの法律事務所や法務事務所を紹介しています。
横浜市に対応していますし、相談は無料でできるので安心できます。
いきなり直接相談するのは少し不安、と思っている人にもオススメです。
多重債務・借金返済の問題で困っているなら、まずは弁護士・司法書士に相談して、最善策を探しましょう!

借金や個人再生の相談を横浜市在住の人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

横浜市の借金返済・多重債務解決の相談なら、ここがお勧め。
弁護士が対応してくれて、全国に対応している弁護士事務所。
初期費用が無料なので、現在の手持ちがなくても安心です。
弁護士代金の支払は、分割払いでもOK。
弁護士への相談料ももちろん無料!
借金督促のストップも可能です。
過払い金、個人再生、任意整理、自己破産、など、債務や借金について相談することができます。
しかも、24時間365日、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(通話代金0円)で相談受付することができるので、借金返済で困っている方も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、借金や過払いの問題が相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたにピッタリの方法で借金や多重債務の問題を解決に導きます。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円、取り戻した過払い金から費用を精算できます。
任意整理でも、和解成功報酬・減額報酬などは一切支払わなくてよいので、お得に解決が可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性も安心して相談できます。
まずは無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑

司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国に対応している司法書士事務所なので横浜市の方も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう配慮も徹底してもらえます。
借金返済の問題は、一人で悩まないで、勇気を出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の横浜市周辺にある法務事務所や法律事務所紹介

他にも横浜市にはいくつかの司法書士・弁護士の事務所があります。参考にしてみてください。


●横浜セントラル法律事務所
神奈川県横浜市西区北幸1丁目11-15
045-324-0433
http://yc-law.jp
弁護士会交通事故個人再生債務整理倒産

●あおば横浜法律事務所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央23-11OSセンター南ビル8F
045-949-5552
http://aoba-yokohama.com

●横浜横須賀法律事務所
神奈川県横浜市西区北幸2丁目10-39日総第5ビル10階
045-620-4195
http://yokoyoko-law.com

●横浜中央法務事務所(司法書士法人)
神奈川県横浜市中区本町5丁目49
045-212-1358

●弁護士法人泉総合法律事務所横浜支店
神奈川県横浜市西区南幸2丁目20-2共栄ビル6階
045-312-1488
http://springs-law-yokohama.com

●横浜パーク法律事務所
神奈川県横浜市中区山下町207関内JSビル8F
045-226-2531
http://yokohama-park-law.com

●みなとみらい労働法務事務所
神奈川県横浜市中区住吉町2丁目22松栄関内ビル6F
045-662-6505
http://mmrodo.jp

●横浜弁護士会
神奈川県横浜市中区日本大通9横浜弁護士会館2F
045-201-1881
http://yokoben.or.jp

●シティ横浜法律事務所
神奈川県横浜市中区常盤町1丁目1宮下ビル6階
045-651-9635
http://city-yokohama.jp

●横浜都筑法律事務所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央42-21第2佐藤ビル304
045-350-8424
http://tsuzuki-law.jp

●堀尾法務事務所
神奈川県横浜市中区常盤町ニ丁目12番地ウエルス関内4階
0120-151-745
http://saimuseiri-horio.com

●司法書士法人長津田総合法務事務所
神奈川県横浜市長津田5丁目1番13号
045-988-0157
http://nagatsuta-jutakuloan.com

横浜市にある地元の法務事務所・法律事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、相談しやすいのではないでしょうか。

横浜市に住んでいて借金問題に弱っている方

クレジットカードの分割払いやキャッシング業者等は、高い金利がつきます。
15%〜20%も金利を払わなければならないのです。
住宅ローンだと年間0.6%〜4%くらい、車のローンも年間1.2%〜5%ぐらいですから、すごい差があります。
さらに、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに利子を設定するようなキャッシング業者の場合、なんと金利0.29などの高利な金利をとっていることもあるのです。
ものすごく高い金利を払いながら、借金は増えるばかり。
借金を増やしたのは自己責任なので仕方ありませんが、金額が大きくて利子も高いという状況では、完済するのは厳しいでしょう。
どうやって返せばいいのか、もう何も思いつかないのなら、法律事務所・法務事務所に相談してはいかがでしょう。
司法書士・弁護士ならば、借金返済の解決策を見つけ出してくれるはずです。
長期の返済計画かもしれないですし、過払い金返還で返す額が減額するのかもしれません。
まずは相談、これが解決のための始めの一歩です。

横浜市/借金の延滞金の減額交渉を行う?|個人再生

借金を返す事が不可能になってしまうわけの1つには高額の金利が上げられます。
いま現在は昔の様にグレーゾーン金利も無くなってはいますが、それでも無担保のキャッシングもしくはカードローンの利息は決して利子は決して低いといえないのです。
それゆえに返済の計画をきちっと練らないと払戻が出来なくなってしまって、延滞がある時は、延滞金も必要になるでしょう。
借金は放置していても、もっと利息が増え、延滞金も増えてしまうだろうから、即対応する事が肝要です。
借金の払戻しが困難になった場合は債務整理で借金を減じてもらうことも配慮していきましょう。
債務整理も色々な手口が有るのですが、身軽にする事で払戻が出来るのであれば自己破産よりも任意整理を選択したほうがいいでしょう。
任意整理を行ったら、将来の利子等を身軽にしてもらうことが出来、遅延損害金などの延滞金も交渉次第では軽くしてもらう事が出来ますので、ずいぶん返済は楽にできる様になります。
借金が全部なくなるのじゃないのですが、債務整理する以前と比べてずいぶん返済が軽減されるので、より順調に元金が減額できる様になるでしょう。
こうした手続きは弁護士にお願いしたならよりスムーズですので、まずは無料相談等を活用してみてはいかがでしょうか。

横浜市|自己破産って、どんなメリットとデメリットがある?/個人再生

誰でも容易にキャッシングが出来る様になった関係で、膨大な負債を抱えて苦しんでいる方も増加している様です。
返済のために他の消費者金融からキャッシングをするようになって、抱え込んでる借金の合計した金額を把握してすらいないという人も居るのが実情です。
借金により人生を乱さない様に、自己破産制度を利用し、抱えている負債を1回リセットする事も1つの手としては有効でしょう。
けれども、それにはデメリットとメリットが有ります。
その後の影響を考慮して、慎重に行うことが重要でしょう。
まずよい点ですが、何よりも負債がすべてチャラになるという事なのです。
返金に追われる事が無くなるだろうから、精神的なストレスからも解消されます。
そして欠点は、自己破産をした事で、負債の存在が周囲に広まってしまい、社会的な信用がなくなる事があるということです。
また、新たなキャッシングが不可能になるから、計画的に生活をしていかなくてはいけません。
散財したり、お金の遣い方が派手な方は、一寸やそっとで生活水準を落とせない事がという事も有るでしょう。
しかし、自粛し生活をしていく必要があります。
このように、自己破産にはデメリット、メリットがあるのです。
どちらが最善の方策かよく熟考して自己破産申請を進める様にしましょう。

関連するページの紹介です